外品の部品パーツやオプションは外す?

車を売る時にどうすれば良いかわからない事の一つに外品パーツやオプションの取扱いです。

まず車をディーラーで買い替える場合は、下取りに出すことになるので車のグレードが高く、装備されているオプションがメーカー純正であれば評価が高くなります。

ですが、外品の装備は、ディーラーではあまり評価されないと考えた方が良いでしょう。

ディーラーオプション以外のパーツを付けたまま売却をお考えであれば、ディーラーではなく、中古車買取専門店で査定してもらう方が評価は高くなります。

多くの買取業者は付属のパーツ毎に評価・加算してくるところも多いので、パーツに対しても査定をしてもらうなら、車にパーツを付けたまま査定してもらいましょう。

パーツのみで高額買取できるものは、パーツを取り外して、購入時のノーマルに戻せるのであれば、専門ショップやオークションなどで売る方法もあります。

外す手間と売った時の金額を比べて、どっちがお得か判断して下さい。

社外品のエアロやサス、マフラーなどは、取り外しに工賃がかかる場合がありますので、そのまま買取査定してもらう方が良いでしょう。